2つの種類を知っておこう

white color pills and box

アフターピルとは性行為後に服用することで妊娠を伏せぐことができる避妊薬です。
毎回妊娠対策をしなくても、性行為をするたびにアフターピルを飲めばいいのかというと、そうではありません。
アフターピルは別名を緊急避妊薬といいます。
この名前からもわかるとおり、アフターピルはあくまで緊急時の最終手段であって、毎回服用するものではありません。
とはいっても、いつその緊急事態が起こってもいいように常備しておくといいでしょう。

その際、アフターピルには2つの種類が主に存在することを事前に知っておきましょう。
1つがノルレボで、もう1つがプラノバールです。
ノルレボという種類は、プラノバールに比べて少し値段がかかるのがネックではあります。
しかし性行為後から72時間以内に1度服用するだけで妊娠防止の働きをしてくれます。
また副作用も起こりにくく、起こっても軽度なのが特徴です。
一方プラノバールという種類は、金額はノルレボより安いのですが、72時間以内に2度服用しないといけないのです。
そのうえ、1回目の服用と2回目の服用の間には時間を空けないといけないため、その間に飲み忘れてしまうということが多発しています。
副作用もノルレボよりは少し起きやすいようです。

アフターピルにはこのように2種類に分類されますが、主に利用されているのはノルレボです。
ノルレボでも通販で購入すれば、ある程度安い値段で購入することができるためオススメですね。
いつどんなハプニングによって避妊を失敗するかはわかりません。
常にアフターピルを所持し、最悪の事態に備えておきましょう。