普通の性行為以外でも感染

classify pills

性行為をした際に感染、発症するのが性感染症です。
性感染症には多くの種類がありますが、一番有名なのはクラミジアではないでしょうか。
クラミジアをはじめとした性感染症の感染経路は、ほとんどが性行為によるものです。
クラミジアの感染源であるウイルスや細菌は、粘膜から粘膜へと感染します。
つまり性行為の際に、性器から性器へと感染するわけです。
また、性感染症の感染経路として最近ちらほら見られるのは、オーラルセックス(ゴムなしでのフェラなど)やディープキスです。
オーラルセックスでの感染は性行為と同様に、性器から喉へと感染します。
ディープキスによる感染は非常に稀ではありますが、感染した喉から喉へと広がってしまうこともあるようです。

クラミジアの感染経路は性行為だと知っていても、自分は感染しないだろうと思われる方が多いと思います。
しかし、クラミジアやその他の性感染症の多くは潜伏期間というものがあるため、感染してすぐに症状は出ません。
そのため感染したという自覚がほとんどなく、その状態でまた性行為をして感染者を増やしてしまうというケースが多いです。
自分が無自覚のうちに感染源になってしまっているケースもあれば、相手が感染しており、気付かぬうちに感染してしまったというケースも多いです。
もし少しでも性器や体に異変が起きた場合はすぐさま医師に相談しに行きましょう。
もちろん感染病であるため、自分だけでなく、性行為をしたパートナーも一緒に検査に行くべきです。
クラミジアはもちろん、多くの性感染症は治療薬によって簡単に治療できる時代です。
早急に対処するようにしましょう。

性行為であればコンドームを着用して、粘膜同士の接触を防ぐことができるので感染経路を断つことができます。
しかし注意してもらいたいのはオーラルセックスです。
こちらはコンドームをつけて行う人は少ない傾向にありますし、そもそもオーラルセックスも性感染症の感染経路になるということを知らない人も多いです。
性を楽しむのは大切なことだと思いますが、最低限の知識を持ったうえで楽しむべきでしょう。